HangOut HangOver

hhd_02.jpg

LOGO.jpg

HangOut HangOver 渋谷店

世界の文化か混在する街 "NEW YORK"のSTREETにフォーカス
仲間と集い、そして「酔える」ALL-DAY DINER

_MG_1004.jpg

_MG_0953-2.jpg

_MG_1014_.jpg

DSC_4541.JPG

DSC_1193.JPG

DSC_1363.JPG

DSC_1359.JPG

DSC_1238.JPG

所在地
〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目20-2 第一清水ビル1階
TEL+FAX
03-6416-1150
営業時間
11:00~24:00
席数
100席

ART WARK

店内壁画アートワークはKads MIIDAによるプロデュース!!!

Kads MIIDA [カッズ ミイダ]

現在日本のReggae Artの中心的存在であり又、Reggae シーンにおけるLive PaintingのパイオニアでもあるKads MIIDA。彼は20年間に渡りReggae Musicを愛し、作品を作り続けている。

Kads MIIDAとReggae Musicの関わりは80年代の後半から始まる。在学中、東京でグラフィックデザインの仕事を始めて行く中、Reggae Musicが彼の制作に影響し始める。特にReggae MusicのベースとなるRebel Culture が彼の制作のコンセプトを導いたのである。

88年、Reggae Musicの関わりから壁画制作やLive Paintingを始める事により、アーティストとしての活動を開始。

92年に2ヶ月間のJamaicaの体験がArtとMusic、そして旅の結びつきを気づかせる事となり、さらに制作に影響を受ける。またJamaicaでのラスタファリアン達の出会いが、作品の方向性を明確にして行った。

94〜95年にエチオピアからインドの旅中、エチオピアのシャシェマネにあるラスタファリアンのコミューンで壁画を制作、現在もその壁画はコミューンの集会所に存在する。帰国後、日本での個展で発表したナイヤビンギの油絵はポスターとなり、世界中に広まりKads MIIDAの代表作となる。

以降、個展やReggae シーンでのLive PaintingやCDジャケット、ロゴ、イベントポスター、アパレルなどのグラフィックアートを精力的に行いKads MIIDAの名を日本中に広げて行く。

Reggae Musicとの繋がりで行うLive PaintingはKads MIIDAのオリジナルスタイルであり、現在日本で広がるLive Paintingシーンの先駆け的存在となる。08年に彼はLive Paintingを中心にしたイベント"Live Painting SESSION"を企画して話題となる。

09年、絵本"Go to Jamaica"を出版。Kads MIIDA自身のJamaicaでの体験を元にした内容で、日本国内で初版を完売する。今後、彼の20年間のグラフィックアートをまとめた出版や海外でのLive Paintingを企画進行中。
www.kads.net